プロフィール

海外の次世代SNS開発考察

■はてなの新サービスに期待(自己投稿引用)

IRCよりも簡便にブラウザから簡単にログイン出来、ログインしていない時にもコミュニティのやりとりの履歴が閲覧できるようなシステムで、自己紹介頁や部屋の概念が無いなどのアイデアを捻ったコミュニティサービスとしてはmixiからtwitter(これはオープンWebサービスであるものの)などを通し、かなり出切ってきているが、・・・云々

まあ冷静にみれば、IRCはリアルタイムコミュニケーションなので、正確ではないが、上記のそういうストーリーとして仮定して見るとして、それらに対して現在の場合においては、海外のgoogle他のサイトが次世代のSNSを開発しようと試みているけど、そういうSNS発生背景のプリミティブさや若干の印象依存性から完全にHTMLやAJaxなどWEB2.0の有効さを生かした固有性を目指したものなのか、或いは多いに脱却するべきとして再開発的価値性の中の要素に盛り込まれているか。