プロフィール

Unison(windows用) 導入

参考になった記事

  1. 入手元
  2. 頁一番上の配布物をputtyと同フォルダに解凍しunisonの引数もしくは設定のsshcmdに指定 http://www.wischik.com/lu/programmer/unison-ssh.html
  3. hoge.prfの記述 (2016/09/22 記事の説明不足が気になるので追記)
root = e:/hoge/
root = ssh://valid-user@192.168.0.2/e:/hoge/
sshcmd = d:/pathto/putty/ssh.exe ※puttyと同フォルダ
sshargs = -i c:/Users/valid-user/.ssh/id_rsa-host_n.ppk ※接続先host n用に作った秘密鍵

いろいろ試行錯誤し悩んだが上記の方法で一発でいけた
リモホに-socketオプションで常駐させて生通信の同期で使ってみていたが、同期が開始せずに「ユーザーディレクトリにある.unisonフォルダ以下のxxxxxというファイルが間違っているので削除してください」などと都度面倒くさいエラーが出て終了していたのに対し、sshでの接続は殆どそういうことが殆どないので格段と良くなった感じがする。流石
しかし文字化けだけ少々気になる。

(17/08/14 追記)
環境変数のpathの通ったディレクトリに、Windows版のバイナリのbasename (この場合 unison-2.48.*-text.exe)もしくはunison.exeの名前でシンボルリンクを貼るか、コピーしておかないと接続時にエラーが出る(どちらによって正しく動作するかは未検証)